【みんなで力を合わせて復活だ!】生まれ変わった共同浴場を「かみのやま温泉 澤の湯」

作業に集まった親子や学生など = 2022年4月9日 新湯共同浴場「澤のゆ」
作業に集まった親子や学生など = 2022年4月9日 新湯共同浴場「澤のゆ」

2020年に閉鎖となった「新湯共同浴場 澤の湯」。大正11年から108年の歴史、一時は解体の方向に。「まちの財産を無くす訳にはいかない」。かみのやま温泉に新たな「交流の場」を、かみのやまランドバンクが「澤の湯」の再設計から再運営まで、リノベーションに着手します。年明けから着々と改修工事が進められ、気づけば雪が無くなり、いよいよ最終段階となりました。今日は、約20名の参加者と協力し、清掃や塗装など、澤の湯に「最後の磨き」をかけていきます。

【大きく変わったポイント】玄関や廊下には上山市の木材を使用しました。番台を挟んで、左側は男湯、右側が女湯です。2階へ続く階段の左側、真新しいお手洗いがあります。階段や手すりにも上山市の木材を使用しています。2階は交流スペースとして、休憩やイベントの開催場所として利用できます。

今回のリノベーションでは、クラウドファンディングも実施し、返礼品として、かみのやまならではのものを多数取り揃えています。生まれ変わった澤の湯は、5月オープンを予定しています。

MKYもっとかみのやま「かみのやまさいぐべ」が独自収集するかみのやま情報。身近な出来事など多種多様な上山市に関するニュースをお届けします。
www.kaminoyamasaigube.com/motto-kaminoyama/
MKYもっとかみのやま