【城下町「かみのやま」を個性的で活気あるまちに】城下町再生志士隊の活動に迫る

活動の様子 = 2022年9月4日 新湯
活動の様子 = 2022年9月4日 新湯
隊長を務める酒井さん = 2022年9月4日 新湯
隊長を務める酒井さん = 2022年9月4日 新湯
2022-09-08
2022-09-08-1
 
2022-09-08
2022-09-08-1
previous arrow
next arrow

上山城周辺の景観形成について考え、平成17年に結成した市民活動団体があります。この団体は、ブロック塀を板塀化し、城下町らしい街並みを作りたいという想いで、建築士や塗装業、会社員や自治会長など多彩な有志メンバーが手弁当で活動しています。コロナ禍により3年ぶりの活動となり、今日は武家屋敷周辺の板塀の塗装作業をしました。

【隊長の酒井さんにインタビュー】平成17年に、景観に対して興味がある人は「一緒に活動しよう」というものに応募した。十数名が集まってそれ以降、継続的に活動している。板塀関連の作業がメイン。拠り所として、ただのブロック塀が面白く生まれ変わるのではないかと思った。一つひとつ、全部。その場所に合った色んな表情があればいい。それがまちの面白さや長所だと思って、一つひとつ想いを込めて、塀を作っている。

上山城周辺の板塀は、この団体によって作られたもので、定期的に有志メンバーがメンテナンスを行っています。観光・まち歩きに「板塀巡り」はいかがですか。