#田んぼには欠かせない #源は生居川ダム #空気で膨らむダム

なまいがわかなおいせきふぁぶりだむ

生居川金生堰ファブリダム

田んぼへ水を供給する、宮脇に位置する膨張式ダム。

ダム稼働時でも、魚の自由な回遊を実現するために専用の魚道が設けられ、生態系を守る工夫がされている。また、下流の流量を維持する役割もある。

ダムは、5月上旬~9月上旬まで稼働しています。

ゴムのダムってどういうこと!? 役割はなに?

田んぼに欠かせないダムである

このダムは、田んぼへ水を供給するために、5月上旬から9月上旬まで稼働しています。

空気で稼働している

ポンプから送られてきた空気により、高さ0.9m,幅7.1mまで膨張します。

ダムのしくみについて知ろう!

取水口(水を取り入れるところ)

一級河川の生居川から取水され、最大取水量は0.273㎥/sになります。用水路を通じて、田んぼへと水が供給されます。

魚道(お魚たちが通る道)

魚の自由な回遊を実現するために、ダム稼働時は魚道が機能します。

水門開閉機(取水口の操作をするところ)

取水口の水門を操作する場所。

制御室(ダム全体の管理をするところ)

ダムを制御する空気ポンプがある。

生居川金生堰ファブリダム

〒999-3201 山形県上山市宮脇39-1

かみのやま温泉駅より車で8分

駐車場なし

維持管理:上山市土地改良区

TEL:023-672-0419

FAX:023-672-0530

撮影/制作 協力

上山市土地改良区

ホーム > 独自調査スポット > 【田んぼに欠かせない】空気で膨らむダム?「生居川金生堰ファブリダム」の正体とは…