#楢下の観光に #上山市の山城 #地の利を活かした場所

ならげじょう

楢下城

江戸時代に羽州街道の宿場町として栄えた楢下、集落の東部「台の上」と呼ばれている場所に、楢下要害と称される山城があった。

築城は十五世紀末,長沼信濃守、四重の空堀と三重の盛土に囲まれ、御境目(番所)として機能していた。

初めに、楢下について知ろう

不思議が多い、歴史深い地区

上山市の南東、江戸時代に羽州街道の宿場町として栄えた楢下。須川と金山川に挟まれた断崖絶壁の地に、楢下要害と呼ばれる山城があった。

それじゃあ、楢下城について学ぼう

楢下城の始まり

戦国時代(十五世紀末)に長沼信濃守が築いたとされ、四重の空堀と三重の盛土に囲まれた山城で、「楢下要害」や「楢下楯」とも呼ばれていた。

位置と地形

集落の東部「台の上」と呼ばれている、40aほどの平坦地に本丸があったとされる。東西は須川と金山川に挟まれ、地の利を活かした断崖絶壁の場所である。

楢下城の役割

天正年間(1573~1585)の頃、伊達(長沼)氏と最上氏の争いに頻繁に利用され、最上軍勢の攻略に対峙した要害であった。

城主は変わり

激しい攻防の末、十六世紀前半に、楢下城は最上氏に攻略され、楢下駿河守貞光によって、出羽・陸奥両国の御境目預かりになったとされている。

上山藩が置かれてからは

伊達家の侵攻の砦となったり、最上家の防御の最前線としての砦となったり、両家の攻防の真っ直中に置かれていた楢下城。元和八年(1622)、上山藩が置かれてからは、戦乱の世も終わりを告げ、役目を終えた。

楢下城

〒999-3225 山形県上山市楢下21-2

かみのやま温泉駅より車で13

駐車場なし

ホーム > 独自調査スポット > 上山市 楢下、そこには城があった「楢下城」