「公園の種別」とは?【公園を効率的に探そう】

「公園の種別」とは、主に公園の役割を表すために使われるものです。例えば、景観向上のために設置された広場、川沿いにある公園など、様々なカテゴリに分けることが出来ます。

それぞれの特徴を知ることで、目的に合った公園を探すことが可能となります。※当サイトでは、都市公園法及び児童福祉法また関連する法と条例に基づき種別を掲載しています。なお、それら法規に該当しない一部公園については独自で分類しています。

緑地自然環境の保全や改善、都市景観の向上を図るため設置されたもの。標準面積は1000㎡以上。
種別該当公園
法円堤緑地
地区公園徒歩圏内(誘致距離1km)に居住する者の利用に供することを目的とする公園。標準面積は40000㎡。
種別該当公園
市民公園月岡公園
自然公園風景・植物・野鳥等の自然を保護しその利用の増進を図り、保健・体育・教育に資することを目的とする場所。
種別該当公園
西山ふるさと公園
児童遊園児童の健康増進や情緒を豊かにすることを目的とする場所。安全・健全な遊び場所を提供する屋外施設。
河川敷公園河川敷に設置された公園。河川公園とも呼ばれる。
種別該当公園
おらだの河原