# #実はここが発祥の地 #駐車場やトイレあり、もちろん無料

はるさめあん

春雨庵

紫衣事件での出来事により、江戸から出羽国上山へ流謫となった沢庵宗彭。

沢庵を崇敬していた上山藩主土岐頼行は松山に草庵を建立し、篤く処遇した。閑静な場所にある草庵を、沢庵はこよなく愛し3年間を過ごす。

復元された庵と茶室や庭園が、当時の面影を感じさせる。

上山藩と沢庵宗彭の関係とは。そこには思い出深い出来事が。

沢庵宗彭が上山へ

寛永6年[1629]7月28日、紫衣事件で幕府の忌諱に触れた禅僧「沢庵宗彭」が、江戸から出羽国上山へ流謫になった。

流謫のお預かりとはいえ、沢庵を少なからず崇敬していた当時の上山藩主「土岐頼行」は、松山に草庵を建立して篤く処遇した。

春雨庵で過ごす日々

沢庵は、小さくも豪華な春雨にけむる閑静な草庵をこよなく愛し、『春雨庵』と名付ける。

桎梏の身ではあるが、終生の願いである悠々の日を過ごせる事を喜んだ。

上山藩と沢庵宗彭の関係とは。そこには思い出深い出来事が。

宗彭はこう記している

さき草の三ば四ばの軒に軒

むべもあだしき夜半の月かな

花にぬる胡蝶の夢をさまさじと

ふるも音せぬ軒の春雨

宗彭はこう記している

今も残る井戸 「春雨の井戸」

渇を癒し、ある時は茶を立てるのに使われた。

今も残る井戸 「春雨の井戸」

普段見かける沢庵漬け、実はここが発祥の地!?

沢庵漬けについて、次のような考えがある

沢庵漬けは沢庵宗彭が考えた

元々「じゅくあんづけ」と呼ばれていたが、沢庵宗彭の存在により「じゅくあん」→「たくあん」→「沢庵和尚が考案したもの」という考えが広まった

関西で広く親しまれていたものを沢庵宗彭が江戸に広めた

徳川家光が東海寺に訪れた際、沢庵宗彭が大根のたくわえ漬けを供したところ家光が気に入り「たくわえ漬けにあらず沢庵漬なり」と命名した

「たくわえ漬け」がなまった

こよなく愛した春雨庵、上山を離れる

上山から江戸へ帰る

3年の月日が流れ、寛永9年[1632]に赦免となり、江戸,東海寺へ帰る。この時、上山の『春雨庵』を江戸,東海寺境内まで運び、過ぎし日の上山における謫居生活をそぞろに懐かしんだ。

現代へ繋ぐ歴史と形

時は移り、昭和28年[1953]、「上山沢庵禅師遺跡春雨庵保存会」結成。その後、春雨庵跡と推定される現在の地に、春雨庵の復元工事が始められ、昭和37年[1962]7月24日、春雨庵落慶式と沢庵禅師尊像開眼入仏式が挙行された。

県指定文化財として、静かな松山の地に、当時の面影が残る。

こよなく愛した春雨庵、上山を離れる

春雨庵

〒999-3146 山形県上山市松山二丁目10-12

休館日:第3日曜日とその前日

開館時間:8時00分~17時00分

TEL:023-672-0824

備考

かみのやま温泉駅より車で5

駐車場あり

入館料:無料

撮影/制作 協力

春雨庵

周辺の観光地

新湯通り
上山城
駅前商店街
あべくん珈琲

ホーム > おすすめスポット > 「春雨庵」をこよなく愛す、沢庵漬け発祥の地!?