#鉱毒対策 #広大 #水面が綺麗

なまいがわだむ

生居川ダム

鉱毒対策のために、総事業費177億円をかけて作られた"かんがい用ダム"。

仙人沢の真水が取水され、集水面積は11.4k㎡,有効貯水量は247万㎥。

展望台や広場が整備されている。駐車場あり。

なぜ生居川ダムが作られたのか

ダム建設までの経緯

蔵王の火山活動や蔵王鉱山での硫黄採掘により、蔵王川は酸性化し、農業に影響を与えた。上山の南東部では、新たな水源を確保するために、177億円をかけて、鉱毒対策事業を行った。

どこから来る水なの?

平成4年に完成した生居川ダムは、仙人沢の真水が取水され、これにより、上山の南東部における"真水かんがい"が可能となった。

昼食スポットや観光におすすめ

「花森湖」とも呼ばれ、展望台や広場が整備されています。

ダムマニア向け! 生居川ダムの詳細について説明します

所属河川

一級河川 最上川水系生居川

型式

中心遮水ゾーン型ロックフィルダム

用途

かんがい

放流設備

農業用取水施設及び自由越流式非常用洪水吐

管理用設備

管理事務所,係船設備,監査廊,漏水量計側室

着工/竣工

昭和54年[1979]/平成4年[1992]

集水面積

11.4k㎡

有効貯水量

2,470,000㎥

生居川ダム

〒999-3202 山形県上山市下生居1200-1

かみのやま温泉駅より車で15分

駐車場あり

維持管理:上山市土地改良区

TEL:023-672-0419

FAX:023-672-0530

撮影/制作 協力

上山市土地改良区

ホーム > おすすめスポット > 生居川ダムって? かんがい用、ロックフィルダム