2022「上山市民俗行事 加勢鳥」

2022年2月11日に開催された、「上山市民俗行事 加勢鳥」の様子をお届けします。

コロナ禍により、市内の練り歩きは行わず、"上山城"と"かみのやま温泉駅"の2ヵ所での演舞となりました。

日本には、こんな珍しい行事がある

「かせどり」とは何のことか

「ケンダイ」と呼ばれる藁蓑をかぶった若者に祝い水をかけて五穀豊穣や商売繁盛などを祈る、江戸時代初期から伝わる上山市の民俗行事です。

今年は規模を縮小して開催

コロナ禍により、市内の練り歩きは行わず、"上山城"と"かみのやま温泉駅"の2ヵ所で規模を縮小し、開催されました。

「中の人」に話を聞いてみます

気になること、不思議なこと

Q.ケンダイの管理はどこでしているのですか?

保存会で行っています。

Q.寒くないですか?

すごい寒い。手がかじかんで、上手く動かせない。

Q.どんな格好で中に入っているのですか?

タンクトップとさらしを巻いています。

Q.中も水浸しですか?

中も水浸しです。

Q.ケンダイの藁はお守りになると云われていますが。

抜け落ちた藁はお守りや、髪に巻くと綺麗な黒髪になると云われています。

ホーム > 関連情報 > 2022「上山市民俗行事 加勢鳥」