月岡神社 どんと祭 / 山形県上山市

毎年1月14日(小正月)に行われる月岡神社祭礼行事。

お正月にお迎えした年神様が、どんと祭の御神火の煙にのってお帰りになられます。

無病息災・家内安全の加護を得られる。

月岡神社 祭礼行事の一つ「どんと祭」

どんなお祭りなのか

45年前頃から行われている小正月の祭礼行事で、一年間の無病息災・家内安全に感謝し、古神札や門松等を祈願して焼納するお祭りです。1月14日の夜6時頃、市内の児童らが「六根清浄」を唱え境内を廻り、松明の「忌火」により、古神札や門松等に点火され焚き上げられます。

六根清浄とは

視覚,聴覚,臭覚,味覚,触覚,心、の六根に具わる煩悩を浄める

この日だけの特別な火

お正月にお迎えした年神様は、どんと祭の御神火の煙にのってお帰りになります。御神火にあたると心身が清められ、無病息災・家内安全の加護を得ると云われています。

福豆について

祭礼当日は、除災招福・商売繁盛・家内安全祈願の福豆(400人分)を差し上げております。

月岡神社

〒999-3154 山形県上山市元城内3-23

TEL:023-672-2636

撮影/制作 協力

月岡神社

http://www14.plala.or.jp/tukiokahp

ホーム > 関連情報 > 月岡神社 どんと祭 / 山形県上山市