月岡神社 夏越の大祓「茅の輪くぐり」 / 山形県上山市

水無月(6月)に行われる祭礼行事、知らず知らずのうちに犯していた罪や穢れを取り除き祓い去ります。

古歌を唱えつつ、左・右・左まわり八の宇を書くように、三度茅の輪をくぐり最後におまいりをします。

厄災を防ぎ、疫病退散や鎮静を願います。

暑さや水不足に耐え、無事に夏を越せるようにという願いも込めて

夏越の大祓とは

知らず知らずのうちに犯していた罪や穢れを人形に移し、茅の輪くぐりをして罪穢れを取り除き祓い去り厄災を防ぐことが夏越の大祓です。

茅の輪のくぐり方

「水無月の 夏越の祓する人は ちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左・右・左まわり八の宇を書くように三度、茅の輪をくぐり抜け最後におまいりをします。

月岡神社

〒999-3154 山形県上山市元城内3-23

TEL:023-672-2636

撮影/制作 協力

月岡神社

http://www14.plala.or.jp/tukiokahp

ホーム > 関連情報 > 月岡神社 夏越の大祓「茅の輪くぐり」 / 山形県上山市